Bitbar いろいろ使えそう

10 April 2016 on ruby

Bitbar

MacOS で使える Bitbar という、MenuBar に自分の好きな情報をスクリプトによって表示できるツールがすごく便利に使えそうなので、ご紹介です。

使いかたはとても簡単

まずは、Bitbar のアプリケーションを ダウンロード します。

そして、適当なディレクトリの下で適当なスクリプトを書いていきます。

スクリプト言語なら何でも行けそうな感じがしますが、ボクはひとまず Rubyを使って書いてます。

#!/usr/bin/env ruby
# yahoo.10s.sh

puts "yahoo! | href=http://www.yahoo.co.jp/"

みたいなスクリプトを書き、そのファイルに対して chmod +x yahoo.10s.sh と、実行権限を与えて、 plugin directory というファイルの置いている場所を bitbar のアプリケーションを起動した時に指定してあげると、MenuBar にヤフーのリンクが出る。と言った具合になります。

例えばこんな使いかた

シンプルなスクリプトを書き、MenuBarを拡張できるのはかなり便利です。

ボクは FX で使っている OANDA のAPIを使用して、為替相場と自分の口座の状況を表示するものを作ってみました。

OANDA のAPI自体はデモ口座を開いて使うのでも簡単に登録できますし、為替相場を常に知っておきたい。みたいな方があれば、ソースコードを以下に乗せておりますので、ぜひ使ってみてください。

ソースはこちら

(くれぐれも API token をgithubにアップしないように気をつけてください。。)